映画じかん

映画じかん

映画考察『チタン』出産が意味するものとは

あらすじ 幼い頃に交通事故で頭部を負傷し、頭蓋骨にチタンプレートを埋め込まれた女性。 ある日、追われる身となり逃亡を図る彼女は、少年の姿となって孤独な消防士の男の前に現れる。 彼は彼女を10年前に失踪した...
映画じかん

『鳩の撃退法』ネタバレあり感想と考察

あらすじ かつては直木賞も受賞した天才作家・津田伸一(藤原竜也)は、とあるバーで担当編集者の鳥飼なほみ(土屋太鳳)に書き途中の新作を読ませていた。 〈あらすじ〉一年前、閏年の二月...
映画じかん

『search』は良質な伏線のオンパレード

あらすじ 物語がすべてパソコンの画面上を捉えた映像で進行していくサスペンススリラー。 16歳の女子高生マーゴットが突然姿を消し、行方不明事件として捜査が開始されるが、家出なのか誘拐なのかが判明しないまま37時間が経過す...
映画じかん

続編だけど『エスターファースト・キル』はちゃんとどんでん返しがあった

『エスターファースト・キル』を公開日に鑑賞してきました。 楽しみにしていた作品で、思った以上に楽しめました。 臨床心理士の視点でみたエスターの見立てや、作品を通しての考察をしてみました。 重要なネタバレを含んでい...
映画じかん

『ロストケア』は現代介護の闇を描いた作品

映画『ロストケア』を鑑賞してきました。開始10分で涙があふれ、何度も辛く苦しい気持ちになった作品。だからこそ、見た人の心を揺さぶる一作だったように思います。 心理士として、福祉に関わる立場として、作品の考察と感想をつづってみ...
映画じかん

他人の人生を生きる『ある男』とは何者か?

日本アカデミー賞で今年最多となる8つの最優秀賞を獲得したことで話題になっている、映画『ある男』のネタバレ感想と考察です。 日本アカデミー賞受賞作 第46回日本アカデミー賞の授賞式が2023年3月...
映画じかん

湿地を愛した強かな女性の一生を描く『ザリガニの鳴くところ』

映画『ザリガニの鳴くところ』を鑑賞してきました。 ラストまでのネタバレも含め、感想と考察になります。 物語のあらすじ 1969年、ノースカロライナ州の湿地帯で、裕福な家庭で育ち将来を期待されていた...
映画じかん

カルト系映画の決定版『ミッドサマー』共感は洗脳の材料になる

閉ざされたコミュニティでの独自の風習に、 外から来た者らが飲み込まれ…??と言ったジワジワ系のスリラー映画。 心理学の視点から、考察してみました。 あらすじ 家族を不慮の事故で失ったダニー...
映画じかん

一歩先を行くカッコよさ『女神の見えざる手』

正直、ロビー活動や銃が身近ではない日本に住む私にとっては、はじめはよくわからないまま物語が進んでいった。それでも、美しくて強いエリザベスは見ていて気持ちがよく、ラストはすっかり彼女のとりこになっていた。 あらすじ ...
映画じかん

映画『トランスワールド』で究極のアハ体験

あらすじの前に一言 今まだこの映画をご覧になっていない方は、 そっとこのページを閉じてください。 そして、何も調べずにこの映画を見てください。 大事なことなのでもう一度言いますが、 絶対に何も...
タイトルとURLをコピーしました